筋トレ 負荷設定と回数

トレーニングをしていく中でこんな経験はありませんか、

重量が軽く感じると回数を増やして行っている。

回数を多くすることで負荷は高まりますが目的効果が得られない可能性があります。

目的に合わせて重量も増やす必要があります。

今回は目的別の負荷設定について簡単に紹介します。

◯筋力向上

「重いものを持ち上げられる体力をつけたい」「競技パフォーマンスを上げたい」といった筋力向上が目的の場合、4~8回程度でギリギリ行える負荷設定を推奨します。

◯筋肥大

「筋肉、カラダを大きくしたい」「ダイエットのために筋肉を増やしたい」という筋肥大が目的の場合8~15回程度をギリギリ行える負荷設定をおすすめします。

◯筋持久力

「長時間動き続けられるカラダづくり」「疲れにくく」といった筋持久力を目的の場合、12~20回程度行える負荷設定が効果的です。

ご自身の目的に合った負荷設定は見つかりましたか?

目的をトレーナーに伝え計画を立て直すきっかけになっていただければと思います。

詳細な設定はトレーナーにご相談下さい。

Personal trainer and client looking at her progress at the gym. Athletic man and woman wearing sportswear.

関連記事

  1. 12月無料セミナー

  2. トレーニング前の食事

  3. 筋トレをすれば幸せになれる?

  4. プロテインの種類について

  5. ご利用人数制限の緩和について

  6. 産後トレーニング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。