筋トレとアルコール

これから筋トレでカラダづくりをしようとしている人はもちろん、筋トレも飲酒も好きという方も必見です。

アルコールがカラダづくりに影響する要因は、

◯テストステロンの分泌量が減少

筋トレの刺激によりテストステロンが分泌され、摂取したたんぱく質を合成させ筋肉を作る働きがありますがアルコール摂取によりテストステロンの分泌量が減少してしまいます。

◯コルチゾールにより筋肉分解促進のおそれ

アルコール摂取によりコルチゾールが分泌され血糖値をコントロールする働きがあるのですが、エネルギー源を生み出すために筋肉分解を促進させてしまう作用があります。

◯食欲増進

アルコールだけを摂っていればそれほど心配はないかもしれませんが、一緒におつまみやお酒に合う料理を召し上がることが多いでと思います。お酒に合う料理の多くは糖質や脂質、塩分を多く含んでいますので体脂肪が蓄積されてしまう可能性があります。

など様々あります。

どうしても避けられない場合は

糖質の少ないアルコール(ウイスキー、ハイボール)を選ぶ、摂取量は少なめ(500ml程度)に、トレーニング直後は避けるなど

またチートデイを設けて週1回のご褒美として召し上がるのは良いです。

ダイエットが負担なく進められるように上手にスケジュールを組みましょう。

関連記事

  1. 柔軟性について

  2. 【ダイエット】タンパク質について【食生活】

  3. 1月無料ダイエットセミナーのご案内

  4. パンが食べたい時は・・・

  5. 女性のボディメイク

  6. 最適な筋トレ時間帯

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。